腸内フローラ

MENU

腸内フローラとは

 

腸内フローラ

 

時々、健康番組などで紹介されている腸内フローラ。この腸内フローラは一人ひとり違っているようです。

 

 

腸内フローラは、まるでお花畑

 

フローラを直訳すると「お花畑」になります。腸の中にお花畑とはどういうことなのでしょうか。私たちの腸の中には、種類にすると100以上、そして数にすると約100兆もの微生物がすんでいます。

 

特に、回腸から大腸の側面には多種多様な腸内細菌が群れとなって、生息しています。この微生物群がまるでお花畑に似ていることから、腸内フローラと呼んでいます。この腸内フローラの様子は、その人その人の個性があり、ひとりの人の腸内フローラもさまざまな影響を受け日々変化しています。

 

特に食べ物やストレスによって大きく左右され、悪玉菌が増えてしまうことがあります。一度悪玉菌が優位になると、善玉菌の数が減るだけではなく、普段はどっちでもなかった日和見菌までもが悪玉菌のように振舞いだします。

 

 

理想的な腸内フローラ環境

 

100種類以上もいる腸内細菌ですが、大きく分けると3つに分類できます。それは善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。善玉菌は私たち人間にとって有効な菌。悪玉菌の繁殖を抑えて、腸の働きを整えます。ビフィズス菌などの乳酸菌は善玉菌として働いています。

 

悪玉菌は腸に運ばれてきた食べ物を腐敗させ、有毒物質を作り出します。悪玉菌には、ブドウ球菌やウェルシュ菌があります。

 

善玉菌にも悪玉菌にも入らない、日和見菌があります。腸内のバランスが崩れた時に、悪玉菌として働くことが。よく聞く大腸菌は、日和見菌に分類されます。

 

この3種類の腸内細菌には、理想的なバランスがあります。それは、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌が7の状態です。この割合で腸内細菌があることが、健康的な腸内フローラといえます。

 

食生活や日々のストレスや疲れが、腸内フローラに大きく影響を与えます。食べ過ぎに注意して、発酵食品などを上手く利用して、理想的な腸内フローラを保ちましょう。